乾燥肌の保湿について

asasssgfg

乾燥肌に限らず、スキンケアで一番大切なのは「保湿」ということは、多くの方が知っていて実践していますが、間違った保湿の仕方や、自分の肌に合わない保湿の仕方をしていては、乾燥肌になってしまいますし、いつまでたっても改善できません。まずは、自分肌質にあった保湿をすることが大事です。

デパートの化粧品コーナーに行くと肌診断がしてもらえるので、診断してもらうのもおススメです。

お肌は、「角質層の細胞間脂質80%」、「天然保湿因子18%」「皮脂2%」という3つの成分の割合で成り立っています。これらの3つの成分がお肌の水分を保つ重要な役割を果たしています。

しかし、お肌自体が作り出すこれらの自然の保湿成分も、洗いすぎやこすり過ぎで失ってしまい乾燥肌にしてしまいます。

お肌の保湿を保つ水分を逃がさないためには、化粧水で十分潤いを与えたから、保湿クリームで蓋をするというスキンケアが一般的ですが、何万円もする高級コスメも、ごく一般的な価格の保湿クリームも成分的には同じです。

したがって、値段が高いから効果があるとは一概には言えず、一番はいかに自分の肌に合った保湿クリームを選べるかにかかってきます。

また、いつものクリームを使っていても、ピリピリとしみることがあります。その状態のときは肌が荒れているとか乾燥肌になっていってしみるので、しみないコスメに変えてみることをおススメします。

乾燥肌で悩んでいた50歳に近い人の体験では、朝は石鹸を使わずにぬるま湯だけにしました。そして、化粧水は使わずにためしてガッテンで紹介していたソンバーユと化粧水だけのケアで乾燥肌を改善しています。

朝顔を洗わないと気になる人は、ぬるま湯だけで洗顔することをおススメします。脂性肌の人は特におススメです。

▲ページトップに戻る