乾燥肌の洗顔について

sengan

乾燥肌になる原因の多くは、間違ったスキンケアによるものが多く、一番ダメージを与えてしまうのが洗顔です。

間違った洗顔はお肌に負担を与えて、角質層を傷つけて、お肌の水分保持力を弱くしてしまい乾燥肌にしてしまいます。

洗顔するときにお肌をこすりますが、濡れた状態のときは角質層がふやけてはがれやすくなっているのでより注意が必要です。

乾燥がひどいときはできればメイクをしないことが理想ですが、メイクをしたときのクレンジングはこすらないでメイクを落とせるものを選んでください。

メイクが濃い部分に合わせて選んだクレンジング剤で他の部分を洗ったのでは負担がかかりすぎますので、クレンジング剤を使い分けてください。

また、乾燥が酷い場合はくレンジング剤は使わずに石鹸だけにしますが、多くのファンデーションは石鹸を十分泡立てて丁寧洗えば落ちるはずです。

洗顔をするときは、肌をぬるま湯でよく濡らしてから、十分に泡立てた石鹸で、肌には直に触れずに、石鹸の泡の上からこするような感じで行います。とにかく、優しくこすらないことが基本です。

乾燥肌にしてしまう最大の原因は、こすり過ぎるとか洗い流し過ぎて肌に過剰な負担をかけてしまうことですので注意をしてください。

また、乾燥がひどい場合の洗顔は夜だけにします。皮脂は夜寝ている間にもっとも修復が進みますが、せっかく修復しかけた細胞間脂質や自然の保湿因子を、朝の洗顔で洗い流してしまったのではもったいなさすぎです。

朝の洗顔で、日中守ってくれるはずの細胞間脂質や自然の保湿因子を洗い流してしまったのでは、無防備なお肌の状態で日中を過ごすことなり、さらにお肌の乾燥が進んでしまいます。

▲ページトップに戻る