肌トラブルの原因となる乾燥肌

dsdsdsds

肌トラブルで多いのが乾燥肌ですが、毎日同じようにスキンケアをしていても、肌の状態が良いときもあれば、逆に肌荒れでお化粧がキレイに塗れないときもあります。

肌乾燥の原因は実に多種多様で、スキンケアの間違いで単に保湿不足とか、空気の乾燥や、エアコンでの乾燥や日光による乾燥で肌乾燥が起こることもあります。

上記のような外的な条件が原因の肌乾燥もあれば、栄養不足とか、水分不足、あるいは体の内部になにか異常があって肌乾燥が起こることもあります。

そのため、突然肌荒れがしても何が原因しているのかわからないこともあります。また、乾燥肌を脂性肌と勘違いすることもあります。

鼻やおでこはテカリやすいのですが、そのテカリを見て自分は脂性肌と勘違いをしてしまいます。鼻やおでこにテカリがあるときの多くは、インナードライ肌です。

勘違いをして脂性肌のケアをしていると、肌の弾力やツヤがなくなりシやシワ、くすみができてしまい、老化が進んでしまいますが、インナードライ肌の人はかなり多いと言います。

そのため、間違ったスキンケアをしてしまうので、薬局やデパートの化粧品コーナーの美容部員に自分の肌質を相談してみるのもおススメです。

また、スキンケアの間違いと言えばミストがあります。ミストをスプレーで吹きかけると肌が潤ったような気がしますが、ミストが蒸発するときに肌の水分も奪われてしまうので逆効果になってしまうので気を付けてください。

乾燥肌になると、スキンケアだけに気持ちが集中しがちですが、食べ物や、生活習慣、とくに運動の習慣にも気を付けてください。

運動をすると血行が良くなり、ターオーバーも機能して乾燥肌が改善されるほか、軽い運動で汗をかくことで天然のクリームの皮脂膜が作られて乾燥肌が防げます。

このように、乾燥肌になったときは、スキンケアの見直しと同時に食習慣他いろいろな生活習慣についても見直してみることをおススメします。そのことで早い肌荒れの改善が期待できます。

▲ページトップに戻る