バスタイムで始めることができる保湿対策

bathhhhh

乾燥させないバスタイムは長風呂厳禁と言いますが、実際ゆっくり湯船につかっていると癒されますよね。そこでバスタイムでも乾燥肌をしっとりさせることができる工夫をしつつ、しっとりバスタイムをおくりましょう。

まず乾燥させない洗顔が必要です。汚れを気にするあまりに時間をかける洗顔はNG。ぬるま湯で洗うといっても30度台というかなり低めの温度なので注意しましょう。

ボディケアもバスタイムから保湿が始まります。優しく洗うことは必須で、ナイロンタオルは禁止です。できれば手で洗うのが一番。

シルクのタオルや綿でできたタオルを使うのなら良いでしょう。泡をたっぷりたて、手で洗うのが最も有効な手段です。注意したいのは足のすねや胸元など皮膚の薄い場所です。

ボディウォッシュも高保湿のものを選んで手で洗おう

また使うボディウォッシュも高保湿であることが必須ですよね。乾燥肌にはマイルドで優しいボディウォッシュがありがたいです。

ニベアクリームケアボディウォッシュはとろんとしたテスクチャの白濁職のボディウォッシュ。しっかり泡立てるととても濃厚な泡が立ちます。手で洗うのがおすすめ。

ケアセラの泡高保湿ボディウォッシュも手で洗うことを推奨しているポンプからそのまま泡で出てきてくれるタイプのボディウォッシュです。

フローラルの香りで女性らしく癒され、洗い流した後もモチモチ質感を残すことができます。このケアセラではセラミドケアすることができるので、とても保湿力が高く、皮膚への浸透やセラミドを補うのにぴったりでしょう。

つっぱり感もなく、とても使いやすいバスタイムに乾燥肌には嬉しいアイテムです。

▲ページトップに戻る