スキンケア・メイク > メイクで乾燥肌対策をしたい!

メイクで乾燥肌対策をしたい!

opffggg

朝しっかりメイクしたのに、いつの間にか粉を吹いている状態になってしまっている・・・

ランチタイムにお悩みの女性は多いでしょう。特に乾燥肌で秋冬関係なしに夏でも乾燥肌の女性は粉吹き状態に悩んでいることでしょう。

まず乾燥葉の女性の女性はメイク前のスキンケアが大切。しっかり水分を与え、スキンケアで保湿をしっかり行いましょう。保湿をしっかりした後はすぐにメイクをせずに、スキンケア成分が浸透するまで少し経ってからメイクを始めましょう。

そして使うベースメイクアイテムとしては乾燥肌にはリキッドやクリームファンデーションがオススメです。ツヤ感も出ますし、油分が乾燥肌を守ってくれます。

パウダーファンデーションを使うよりもより粉吹きが目立ちにくいので、カウンターでより自分にあったテスクチャのものを探しましょう。硬めのほうが良い場合もありますし、さらっとしたもののテスクチャのほうが合っているケースもあります。

リキッドやクリームの場合もルースパウダーをつけること

ただ、リキッドのベタつきを抑えるためにはパウダーも利用したほうがオススメです。リキッドファンデーションを使ったあとにルースパウダーなどを使って必要以上に肌をカサつかせないようにベールを作るようにしましょう。

ベールを作ったらリキッドもそれ以上乾燥することはありませんし、乾燥肌をしっかり守ってくれます。

リキッドファンデーションの塗り方としては指でぽんぽんと馴染ませるようにリキッドを乗せていくという方法です。

パフを使ってもよいのですが、パフをつかうよりも最も効果的にツヤ感を出すことができますから、ルースパウダーをうまく使ってリキッドファンデーションを乾燥肌とうまく馴染ませましょう。

またメイク直しの際には乳液で粉吹き状態になったところをしっかりと保湿したあとでリキッドを多少足しましょう。そして再びルースパウダーやハイライトを乗せて、しっとりとした加減を調整します。

乾燥肌のメイクはリキッドやクリームは必須となりますが、パウダーでも水で溶けるタイプのものも販売されていますから、一度試してみても良いでしょう。

▲ページトップに戻る