入浴後に肌が乾燥するには入浴剤でケアする?

bathhhhhhhhhhhhh

湯船につかっていると蒸気で蒸されており、乾燥肌もしっとりすると勘違いしがちですが、実は湯船に長時間つかればつかるほど肌は乾燥していきます。

お肌の水分が湯船の水分と共に蒸発していってしまうのです。そのため、入浴剤を入れてボディケアを行いましょう。

カミツレンという入浴剤がありますが、湯船につかると同時に保湿ケアもできて、お風呂から上がって即クリームを塗らなければ、と焦る心配もありません。

この入浴剤はベビーから大人まで使うことができるのが便利です。子供の乾燥肌対策やアトピーの対策のために入浴剤を使うのは良い手段ですね。

また有名なバスロマンという入浴剤もミルクプロテインという商品なら保湿入浴剤として販売されています。滑らか肌が入浴後も続きます。

保湿入浴剤は手の届かない背中まで保湿する

ウルモアという保湿入浴剤は入浴中のかゆみやムズムズ感に効果的な入浴剤。しっとりすべすべのお肌に導きます。コラーゲンやセラミド、シアバターなどを配合しており、格段の潤いの良さを見せます。

保湿成分は5種類も配合されていますから、浴室も滑るという嬉しいおまけつきです。

保湿入浴剤のメリットは、バスタイム後にボディケアを行っていてもなかなか手の届かない背中などもしっかり潤してくれるという点です。

全身がすべすべになり、保湿成分で満たされますから、本当の意味での全身保湿が完成します。もちろん、入浴剤入りの湯船につかった後でもボディクリームを塗ったほうがより保湿効果が保たれてよいでしょう。

▲ページトップに戻る