30代からの乾燥肌対策

dsdsfgkllkjhgh

20代には20代の、30代には30代の肌の特徴がありますから、乾燥肌対策もお肌に合わせた対策が必要になってきます。

30代の方の乾燥肌には20代と違った次のような特徴があげられます。

お肌を守るセラミドは、20代から減少しますが、30代になるとさらに減少してしまうので、20代のころと同じスキンケアをしていてもお肌がカサカサになるということが起こってきます。

間違ったスキンケアで乾燥肌にしてしまうことが多く、20代でのスキンケアの仕方の結果が30代で出てきてしまうということもあります。

そして、乾燥肌になると気になって過剰なスキンケアをしてしまいがちです。しかし、過剰なスキンケアはお肌に負担をかけて乾燥肌にしてしまうので注意をしてください。

洗顔も、丁寧に洗うつもりでごしごしと擦り過ぎると必要な脂分まで洗い流したり、肌本来が持っている天然の保湿成分まで減ってしまいます。

そして、30代になると女性ホルモンの分泌量も低下してきますし、20代のころとは違ってストレス多くなりがちで、そんなことも乾燥肌の原因となってします。

そこで30代の方の乾燥肌の対策ですがセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が入ったスキンケアコスメや、肌の弾力を保つコラーゲン入ったコスメがおススメです。

また、コスメの中にはアルコールや香料が入っているものがありますが、肌への刺激となるので避けてください。

保湿成分の入ったコスメと正しいケアと、そして女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをする大豆や大豆製品の摂取がおススメです。低下した女性ホルモンの働きをサポートすることができます。

▲ページトップに戻る