20代からの乾燥肌対策

dsdsdeamslka

日本女性の肌のキレイさは、世界的にも有名でした。それが今では20代の女性まで乾燥肌で悩む人が増えています。

そして、幼い子や10代の子にも乾燥肌が増えているということは、日本の環境そのものが乾燥肌になりやすくなっているとしか言えません。

「25歳はお肌の曲がり角」と言われていた過去もありましたが、現在は20歳になるとすでに老化が始まると考えられるようになっています。

始まったお肌の老化の対策は20代からしっかりはじめないと、中高年になるとさらに老化が進むことが予想されますから、まだ若いからと安心することなく乾燥肌対策を行うことをおススメします。

乾燥肌にしてしまう一番大きな要因は、セラミドの不足と言われています。セラミドの分泌は年と共に減少しますが、20代で始まった老化はセラミドの分泌も減少しています。

その他、学生から社会人になれば当然ストレスも増えて、それも乾燥肌にしてしまう原因にもなっています。

乾燥肌になりやすい環境ですが、20代の方はお肌の保湿を十分に考えたスキンケアで乾燥が防げます。しかし、間違ったスキンケアで乾燥肌にしてしまう人も多いようですから気を付けてください。

今は良いスキンケアコスメが出回っていますが、ケアの仕方が間違っていては効果も半減してしまいます。化粧水もたくさんつければよいというものではなく、丁寧にお肌に吸わせるような感じでつけてください。

そして、化粧水の後は栄養を与えるための乳液をつけて、その上にクリームで蓋をして水分を逃がさないようにすることをおススメします。

▲ページトップに戻る