乾燥肌に逆効果なNG習慣があったとは!?

djkjll

綺麗になろうと思って一生懸命スキンケアしている、ボディケアしているのは分かっている、だけどどうして乾燥肌のままなのだろうと思っている女性も多いです。

実はNG習慣が自分自身の乾燥肌を悪化させている可能性があります。具体的にはそのNG習慣とは一体何なのでしょうか?

まず具体的に言うと、熱めのお風呂が好きで、40度以上の湯船に長時間つかっているということがあります。熱いお風呂は肌を乾燥させますし、蒸気で蒸されているからといっても肌は乾燥しています。

もし乾燥肌でカサつきが気になるのであれば、ぬるめのお湯で半身浴をしっかりするだけでも汗は充分出ますから、ぬるめの温度で入浴しましょう。

スキンケアが油分中心、ダイエットもやりすぎはNG

また乾燥肌だから、と言ってスキンケアはクリームが中心になっているという女性も多いです。しかし乾燥肌は水分が肌に足りていない証拠でもありますから、まずは化粧水をしっかり浸透させることが必要です。

肌の内部からの水分が必要なので、しっかりハンドプレスして化粧水を肌に閉じ込めましょう。あくまで乳液やクリームはその化粧水の水分が飛ばないためのフタとしての役割です。

さらにダイエットも乾燥肌には厳しいでしょう。栄養バランスよく食べているならまだしも、極端なダイエットをしていると乾燥肌はどんどんガサガサ方向へ向かってしまいます。

最近ではスムージーだけで朝食を済ませる、炭水化物は抜くなど流行りのダイエットがありますが、必要な脂質はしっかり摂る、緑黄色野菜や果物などをしっかり摂って、ビタミン類や油分も摂るようにしなければ乾燥肌はますます乾燥してしまいます。

▲ページトップに戻る