乾燥肌と食べ物の関係とは?

ofgfgh

乾燥肌と聞くとスキンケアに傾きがちですが、実はインナーケアも重要。食べ物と乾燥肌には密接な関係があります。

特に相性の悪いものや良い物などがありますから、それらをうまく利用して乾燥肌を今より悪化させないよう工夫する必要があります。

例えばコーヒーなどココアやチョコレートなどに含まれるカフェインは体を冷やしますから代謝が悪くなり乾燥肌に繋がり悪化させます。

体を冷やす食べ物として冷えたドリンクやアイスクリームも代謝が悪くなりますし、ジャンクフードも塩分や脂肪分が多いので代謝が悪くなります。

気軽に食べることができる分だけ、乾燥肌には毒なのでやはり自炊すべきでしょう。さらに甘いものなども注意が必要です。

糖分が多い物を食べると体内環境が悪化します。特にジュースなどの甘いドリンクなどはたくさん飲みがちですから注意しましょう。

乾燥肌に悪い食べ物と良い食べ物とは一体何?

では乾燥肌にもってこいの食べ物やドリンクはあるのでしょうか?オススメしたい食べ物はあります。まずは卵です。

ゆで卵でも目玉焼きでも良いです。たんぱく質やビタミンAが豊富で皮膚を健康に保ちます。納豆も同じくたんぱく質が豊富でポリアミンという成分があり、代謝活発化作用があるので肌コンディションをよくしてくれます。

一時期ブームになったモロヘイヤもネバネバ食品で有名ですが、栄養価が高いのでβカロテンやビタミンC、Eが大変豊富です。

森のバターと呼ばれるアボカドも良いでしょう。食べ物でも乾燥肌対策をすることができますから、インナーケアに目を向けてもよい頃かもしれませんね。

▲ページトップに戻る