乾燥肌の人が増えている?

asahjsja

今現在の日本では、アトピーやアレルギー患者さん数が年々増加しているといわれています。花粉症にしても、3,40年前の日本ではほとんど聞かれなかったものです。

花粉症もアレルギーの一種で、特にスギ花粉の人が多いようですがその原因が今の日本の環境にもあるようです。

昔は、今ほど地表がコンクリートなどでおおわれていることがありませんでした。そのため舞ったスギ花粉も土に落ちて自然に土のなかに吸収されてしました。

ところが現代では土の部分が極端に少なくなり、舞ったスギ花粉の行き場がなくなり空気中に舞ってしまうようになりました。

乾燥肌になる原因とアレルギーになる原因には多くの共通点があります。食生活の変化や環境汚染、衛生仮説、腸内細菌環境、ストレスなど、共通したものばかりです。

食生活の変化では、日本の家庭が戦後急速に欧米風になったことが挙げられます。本来日本食には味噌や醤油に代表されるように、発酵食品が多くしたがって植物性の乳酸菌を十分に摂っていましたから、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を良好なものにしていました。そのため健康にも美容にも良く肌もキレイな肌でいられたものでした。

江戸時代の日本の女性の肌のキレイさは世界的にも有名でしたが、発酵食品の多い和食の影響が考えられます。

環境汚染は個人の努力では変えられないものがありますが、腸内環境を良くして肌もキレイにする乳酸菌は、十分に摂りたいものですから、ジャンクフードなどは控えて、和食を増やすことをおススメします。

▲ページトップに戻る