乾燥肌は遺伝の可能性も

sasadsd

禿げや体の特徴や体質は昔ほど遺伝ということが言われなくなりました。もちろん遺伝の影響がないわけではありませんが、それよりも環境や、死活習慣の方が大きく影響されていると言われるようになっています。

乾燥肌もそれと同じように体質が遺伝することもありますが、生活習慣の影響が大きいと言われています。それだけに、諦めずにスキンケア他食べ物などに気を付けることで完全される可能性が大きいです。

生活習慣で見直したいのは「食事」「運動」「睡眠」です。この大事な3つの事柄の見直しや改善は、あらゆる病気の予防や改善の方法に取りいれられています。乾燥肌対策にも役に立つはずなので、ぜひ、心がけることをおススメします。

食習慣では、野菜を中心としたバランスの良い食事に気を付けてください。生活習慣では、規則正しい生活リズムが大事で、できれば寝る時間や起きる時間は、一定の時間にすることが理想です。

また、十分な睡眠時間を取ることが大事です。十分な睡眠はストレス溜めるリスクをさげることができます。ストレスがあると体の水分が奪われて、乾燥やかゆみを招いてしまいます。

環境の見直しもしてください。現在の新建材は乾燥しやすい傾向があり、とくに新築したばかりの家はその傾向が強く、やたら喉が渇くことが多いです。そのため、水分の補給をしっかり行ってください。

そして、注意したいのは家の中のほこりやハウスダストです。これらも肌を乾燥させてしまいます。このほか便秘も体内の水分を奪ってしまいますから、便秘の解消にも努めてください。

上記は肌のためにも、健康のためにも必要なことばかりです。やはり、美と健康は連動しています。乾燥肌を遺伝と諦めずに努力してみることをおススメします。

▲ページトップに戻る