乾燥肌とはどんなもの?

ajsaklsjka

乾燥肌とは、皮脂の分泌量も少なく水分の保持量が少ない状態などをいいます。乾燥肌になると皮膚の水分が失われ干からびたようになったり、乾燥した皮膚が白い粉をふいたような状態になることもあります。

乾燥肌になる原因には、体内の水分不足や、栄養状態の悪さなどの他、スキンケアの間違いなどがあります。

その他冬の乾燥した空気や、冷暖房による肌の乾燥や、日光に当たっての肌乾燥など様々な原因があります。

また、スキンケアの間違いには、実際には乾燥肌なのに脂性肌と勘違いしてのスキンケアの間違いや、ケアのし過ぎでの肌乾燥もあります。

また、現代の汚れた空気なども肌乾燥を招きますが、乾燥肌対策に一番大切なのは洗顔です。近年は洗顔のし過ぎは肌に負担をかけて肌荒れの元になることが言われて、朝洗顔するだけの人が増えていますが、良い傾向と言えます。

夜、メイクを落として洗顔をして朝までにどのくらい汚れるでしょうか?それほど汚れませんよね。したがって、朝は表面に浮き出た脂を拭き取るだけが理想です。

肌からは、汗や皮膚呼吸で水分が失われますが、体内の水分やスキンケアによって保湿が保たれて水分バランスが保たれると肌乾燥が防げますが、バランスが崩れた時に肌乾燥が起こります。なので、スキンケアで保湿を十分にするとともに、十分な水分を摂ることも大事です。

また、年齢を重ねるとともに皮脂の量も減ってきます。皮脂の量が減ると肌は刺激に弱くなり、そのことも乾燥肌の原因になってしまいますので、若いときよりもさらに保湿に気を付けたスキンケアが必要になってきます。

▲ページトップに戻る