乾燥肌の豆知識 > 乾燥肌とアトピーの境目はどこに?

乾燥肌とアトピーの境目はどこに?

ccccc

夏はそうでもないのに、冬場になるとかきむしったあとがたくさんあってもしかしてうちの子はアトピーなのかも?

そう思う両親も多いかもしれません。特に夏に生まれた赤ちゃんは、最初の頃こそきれいな肌をしているものの、冬場になるとカサつきが酷くなり、カサカサ乾燥肌、になってしまうというケースも多々耳にします。

アトピーと乾燥肌の境目、違いはどこにあるのでしょうか。アトピーだと皮膚科での治療が必要になりますし、乾燥肌だと日ごろの保湿が重要になります。

アトピーはアレルギー症状が皮膚に現れたものです。ですからアレルゲンと呼ばれる過剰反応で起こります。赤ちゃんの場合は乾燥肌が徐々に酷くなってきたら、アトピーの可能性もありますから、早めに皮膚科に通ったほうが良いでしょう。

一度診てもらうだけでも安心感が違います。成人のアトピーはストレスやダニ、ハウスダストが原因で起こります。生活環境が問題であることが多く、乾燥肌と言われるにも関わらず、アトピーであることが多いです。

アトピーは乾燥肌と間違えやすい

アトピーには色々な原因があります。一般的には食品アレルギーが有名です。遺伝や肌の乾燥から進むことが多いですが、アレルゲンを特定してそれを取り除く必要があります。

根本の原因にあるライフスタイルを改善するひつようもあるでしょう。水分を多めに補給する、薬を使う時には主治医の要領やアドバイスをしっかり守ることが必要です。

アトピーでも似た症状が起こる場合もありますが、処方される薬はそれぞれ違うものがあります。ですから一概にアトピーと診断されても同じ薬が出されるケースが多いとは言いません。

アトピーと乾燥肌の違いは小さい頃にはよくわからないことが多いです。新生児の頃は手が届かないためにかかなかっただけで、本来ならアトピーだった、というケースもありますから、できるだけ早めに医師に相談するようにしましょう。そして適切な対処を促すようにしましょう。

遺伝も関係してくることですから、両親や祖父母にアトピーである人がいないかどうかも判断材料になってきます。

▲ページトップに戻る