過度のスキンケアも原因に

aaashauhsudusljdlsd

キレイな肌にしたいと、過度なスキンケアは禁物です。洗いすぎるとお肌に必要な皮脂まで奪い、敏感肌にしてしまいその結果乾燥肌を招きかねません。

また、スキンケアで化粧水を付けたり、美容液を付けたり、栄養クリームをつけたりと、何種類ものスキンケア用品になってしまいますが、そのたびにこするので、摩擦でお肌に負担がかかってしまいます。

美意識が強く、スキンケアをやりすぎる人は肌トラブルを抱えていることが多いようです。過敏症など肌の弱い方には、過剰な摩擦を防ぐため、一つで済むオールインワンがおススメです。

現代の女性は敏感肌の人が多いですが、敏感肌の方は、いつも使っている化粧品が突然合わなくなったとか、春先他季節の変わり目になると肌がピリピリするなどの症状を起こします。

そんな時はバリア機能が低下していることが多いので、保湿にこだわったスキンケアを行ってください。

また、お風呂から上がった後、肌が赤くなる人もいますが、乾燥肌の表れです。肌の赤みを解消するスキンケアの方法は、なるべく刺激を与えずに、肌の再生能力を高めることを考えてください。

洗顔石鹸やスキンケアコスメは、低刺激のコスメにして、保湿だけを目的とした無添加でシンプルな自然由来のものがおススメです。

そして、化粧水や乳液をつけるとき、コットンでつけると肌へのしげきになってしまいますで、手にとって叩きこむように馴染ませたほうが肌に優しく、刺激が少なくてすみます。

顔が赤くなっているときに気を付けたいのは、テカリがある場合が多いため、実際は乾燥肌なのに、脂性肌と勘違いしてしまうことです。自分の肌をしっかり見極めてケアすることが大事です。

▲ページトップに戻る