寒さによるもの

assmaisaisjkasa

冬の乾燥した空気や冷たい風はお肌の水分を奪ってしまいますが、寒さは色々な面で体の水分をうばってしまいます。

冬の寒さは、空気中の水分量も低下していますから、顔の肌を乾燥させてしまうばかりでなく、かかとがカサカサしたりひび割れを起こさせます。これは冬の寒さからくる乾燥が、肌のバリア機能を壊してしまうからです。

また、寒いと人間の体は体温が逃げないように血管を収縮させます。その結果血流が悪くなって栄養をしっかり送り届けられないことでも肌が乾燥してしまいます。そのため、暖房はもちろん、服装も体を冷やさないものにすることも大事です。

さらに血行が悪くなると肌の代謝も低下してしまい、肌サイクルも乱れて古い角質がはがれにくくなります。その結果分厚くなった角質ははがれやすく、そのはがれた部分にはかゆみが生じる菌のアレルゲンが入り込みやすくなります。

したがって十分な保湿で冬の寒さや乾燥から肌を守ると同時、体を冷やさないように十分注意をしてください。

また、ぬるめのお湯で半身浴をすると血行良くするのでおススメですが、しかし、ナイロン系のもので体をこするのも乾燥肌を起こさせる原因となってしますし、熱いお風呂は乾燥肌の人は避けて下さい。

乾燥肌の人は石鹸の使い過ぎもNGです。体の皮脂を奪ってしまう石鹸は、冬の乾燥した時期には1日おきぐらいに使うことが理想です。

湯船にゆっくりつかってそっとこするだけでもキレイになるはずです。冬は寒さからしっかり肌を守るほか、適切なスキンケアで肌の保湿を守ることで乾燥肌を防ぐことができます。

▲ページトップに戻る