保湿不足によるもの

sahshasaa

乾燥肌になる原因で一番多いのが肌の保湿不足です。毎日同じようにスキンケアをしているつもりでも、体調の変化や、乾燥した外気他様々な要因で肌の水分が失われて乾燥肌を招いてしまいます。

肌の水分が不足する原因には、体内への水分摂取がふそくしていることもあります。良く、新鮮なものを表現するのに“みずみずしい”という言葉がよく使われますが、潤ったみずみずしいお肌には、体内の十分な水分が欠かせません。

また、間違ったスキンケアでお肌の水分が失われてしまうこともあります。乾燥した肌=水分が足りないというイメージから、栄養クリームよりも化粧水に重点をおきがちですが、そうではなく水分を逃がさない栄養クリームが大切です。

化粧水でお肌に水分を与え、そのうえに栄養クリームで水分を逃がさないようにして肌の乾燥を防ぎます。

また、冬は冷たい乾燥した空気にさらされてお肌の水分を奪われがちです。その上、暖房で部屋が乾燥しますから、お肌の水分も体の水分も奪われてします。乾燥した部屋には保湿器などを使って乾燥しすぎないようにすることをおススメします。

その他外出するときは、マスクをかける他、マフラーなどで肌を覆って冬の乾燥した冷たい空気から肌を守ることをおススメします。

寒いと血管も収縮して血行が悪くなり、栄養が十分いきわたりにくくなり、その結果代謝も低下して古い角質が溜まりやすくなり、カサカサした肌になってしまいます。

乾燥肌にならないように、1年中を通して保湿に注意をしなければなりませんが、乾燥した冬は特に注意が必要です。

▲ページトップに戻る