遺伝として食生活という要因もある

jujujujujujujuju

バランスの良い栄養素を普段から摂っているのなら、乾燥肌などにはなりません。

近年ではダイエットが盛んにおこなわれ、細ければ細いほどスタイルが良いとも言われ、極度なダイエットをする女性も珍しくありません。

そんな女性が遺伝で乾燥肌になった、と勘違いしているケースもあります。これは実は遺伝ではなく、普段の食生活が原因にもなっています。

両親から生まれた子供は、その両親が食べているものを食べることになります。つまり食生活がその子供の栄養のバランスをとることになります。

しかし両親共に乾燥肌の場合、食生活が傾いている可能性があります。そんな子供は偏った食生活を送るため、必然的に乾燥肌を招きます。生活習慣も同じです。

生活習慣や食生活が両親と同じだから乾燥肌に

子供は小さい頃は両親と共に過ごす機会が多いため、乾燥肌の両親のとっている行動を共にします。

そのため生活習慣が乾燥肌を招くことにもなるのです。これを遺伝だと決めつけるのは早すぎるでしょう。

食生活は特に大切なものですから、子供のうちから好き嫌いをなくすよう、食卓には色々な食材を使った料理を並べるようにしましょう。

と共に両親の乾燥肌も治すためにも、インスタントは避け、良質なたんぱく質を摂り、必須脂肪酸など魚などに入っている良質な油を摂ることにより乾燥肌から肌を守ることができます。

この必須脂肪酸が欠乏することによりターンオーバーの促進が弱まり、乾燥肌は進行していくと言われています。

ターンオーバーを整えるためにも、まずは両親共に好き嫌いをなくし、子供にはバランスの良い食生活を遅らせることが第一でしょう。

▲ページトップに戻る