乾燥肌のスキンケア。おすすめは、どれ?

乾燥肌になる要因

kiujhhj

一昔前は肌が乾燥する状態というのは、空気も乾燥していた秋や冬に多い肌の状態のことを指していました。

ところが近年では、肌を乾燥状態にさせる様々な要因が非常に増え、1年を通じて悩む人が増えています。乾燥肌はいろいろな要因によって発生し、正しい対策を行わなければどんどん悪化していきます。

肌は皮脂や天然保湿因子、角質細胞間脂質に守られて、内部にある水分が過剰に減少するのを防ぎ、大気の水分や体内の水分で常に潤いを保っています。

冬になると太平洋側は降水量が極端に減り、空気が乾燥します。また、エアコンの暖房機器などで室内の空気が乾燥し、湿度が低くなることによって、周囲の湿度を高めるため、肌内部の水分を奪っていくのです。

冬は空気が乾燥するからあまり外に出ないで、家の中でじっとしているという人もいます。しかし、家の中でも室内の空気が暖房などで乾燥していくことにより、肌から水分が蒸発していきます。

特に仕事などで空気が乾燥している場所から逃れることができない場合、肌から水分がどんどん失われていきます。肌は水分が足りなくなると、体内に取り込んでいる水分から補給しようとしますが、その水分すら足りなくなると、肌が乾燥してしまうのです。

乾燥肌と手荒れの密接な関係

肌が乾燥しているのだから、水仕事などをすると、水分が補給されるのではないかと思われがちです。しかし、実際は炊事や洗濯を行うことによって、乾燥肌がますますひどくなっていくのです。

炊事や洗濯などの水仕事は、肌の潤いを保っている皮脂を流してしまいます。そこへ洗剤などの刺激が加わることによって、肌を保護している常在菌を殺してしまい、さらに皮脂を落としてしまい、どんどん肌のバリア機能が失われてしまいます。

肌のバリア機能が衰えると、肌内部の水分を保っていられなくなり、どんどん水分が蒸発してしまいます。水分が蒸発していくことによって肌が乾燥し、角質層がはがれるなどの手荒れを引き起こしてしまいます。

つまり、乾燥肌と手荒れは非常に密接なつながりがあるのです。手荒れを放置すると肌の乾燥がひどくなり、肌の乾燥がひどくなると手荒れがひどくなる。この悪循環で最後はひび割れたりするひどい手荒れに悩まされることになります。

炊事や洗濯などで起きる手荒れで悩んでいる人は、今すぐ対策を取りましょう。大したことはないと放置してしまうことで、肌の乾燥もどんどん進み、手荒れも乾燥肌もどんどん進行していきます。

手荒れや乾燥肌を悪化させないためにも、肌のバリア機能を高めて、手荒れ用の薬や保湿用クリームなどでしっかりと対策を立てることが大切です。

乾燥肌の原因と部分的な対策法

肌は皮脂膜と角質層に分けられます。肌の表面を覆っている皮脂膜は、皮脂ト、汗がまじりあってできたものです。

角質層に閉じ込めている水分をいがさないようにし、肌を滑らかに保つ働きをしています。角質層では天然保湿因子とセラミドなどからなる細胞間脂質が肌を守っています。

このように肌は本来自分たちで潤いを保持する機能が備わっているのです。しかし、このような肌を守る機能が何らかの原因によって低下することにより、肌が乾燥してしまうのです。

まずはスキンケア方法が間違っている場合です。肌が乾燥しているからと必死に水分を補給しても、本来の肌を守る機能が低下していると水分はどんどん抜けていきます。

ストレスも乾燥肌に置きな影響を与えます。ストレスによって自律神経のバランスが乱れたり、ホルモンバランスが崩れることによって、肌を守る皮脂が分泌されなくなって、乾燥肌を引き起こしてしまうのです。

睡眠不足や炊事や洗濯、入浴なども、皮脂を流してしまい、肌を守る機能が低下する原因になってしまうので注意が必要です。

エアコンなどの空気の乾燥は、肌からどんどん水水分を奪っていきます。偏った食生活によって油っこい食べ物が多くなると、肌を生まれ変わらせるターンオーバーが遅れ、潤いのある肌を維持することができなくなってしまいます。

乾燥肌になってしまう原因はこのように、自分で対策を立てることで改善させることができるものと、アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患によって引き起こされる場合があります。

皮膚疾患によって引き起こされる場合はどんなに対策を立てても改善されることはありません。原因となる疾患を治療しなければ乾燥肌も治らないので、どんなに対策を立てても乾燥が収まらない場合は皮膚科受診も考えましょう。

kihjhjhjh

顔の乾燥肌対策法と正しいスキンケア方法

顔は人間の体内の中でも常に空気に触れる部分です。また、顔の皮膚はほかの部分より薄くできているため、非常に乾燥しやすい部分です。そのため、顔の乾燥を防ぐ場合には、ほかの部分よりしっかりと行う必要があります。

顔面の乾燥肌対策は、まずは日ごろのスキンケアを見直すところから始めます。顔を洗うとき、熱いお湯で洗うと皮脂が大量に流れてしまいます。

そのため、ぬるま湯で洗います。また、ついしっかり汚れを落とそうと、ごしごしこするのも肌にはよくありません。

石鹸をしっかりと泡立てて、泡で汚れを包み込むようにやさしく洗います。洗い終わったら優しくしっかりと洗い流し、優しく抑えるように水分を拭き取ってください。

洗顔が終わったら、化粧水でしっかり保湿成分を取り込んで、油分の多い乳液やクリームを使って水分の蒸発を防ぎます。おすすめなのはオルビスのアクアフォースです。

浸透性が高く保湿効果も抜群です。しっかり肌の水分バランスを整えることで、乾燥による様々な肌トラブルから守ってくれます。

化粧水は水分がほとんどのため、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの水溶性の保湿成分が入っているものがおすすめです。乳液やクリームは、油分で水分の蒸発を防ぐ働きをするため油分が多いです。

そのため、セラミドなどの油性の保湿成分が入っているものを選びましょう。セラミドは保湿効果があるだけでなく、アトピー性皮膚炎などの炎症を抑える効果もあるので、肌トラブルに悩んでいる人にはぜひおすすめの成分です。

部分別の肌の乾燥対策と正しいスキンケア方法

sdggjkk

ひざやかかとは、肌のほかに部分に比べて毛穴が少なく汗腺も少ない部分です。皮脂腺も少ないため、肌を保護する皮脂や汗の分泌が少なく、乾燥しやすい部分なのです。

ひざやかかとは乾燥しやすい場所なのに、関節という部分的な問題から意外と乾燥していても対策を講じない人が多いです。それどころか乾燥に気が付かない場合もあります。そこで定期的にケアを行って、ひざやかかとを乾燥から防ぎましょう。

基本的なスキンケアは、毎日体を洗うのと同時に、ひざやかかとも優しく泡で洗い流し、水分を優しくふき取ったら化粧水と乳液やクリームなどでたっぷりと保湿を行います。

カサカサが気になるようであれば、週に1度、古い角質層を取り除いて、保湿成分が届きやすい肌にしていきます。スクラブやピーリング剤を使用して、厚く固くなった角質を取り除きます。

どちらもドラッグストアなどで市販されていて、スクラブなら保湿も行いながら角質を取り除いてくれます。

角質ケアにお金をかけたくないという人は、塩大さじ1に対してオリーブオイル大さじ2分の1杯混ぜ合わせるだけで手作りのスクラブができるので試してみてください。

角質が気になる場所につけたら、円を描くようにマッサージして、ぬるま湯で洗い流すだけです。洗い流したらしっかり保湿ケアも行いましょう。

角質ケアを行うときは、角質の摂りすぎに注意してください。角質層は薄い器官のため、取り除きすぎると乾燥が悪化して、ひざがつけなくなったり歩けなくなるほど痛くなってしまいます。

こまめに普段のスキンケアをしっかり行い、角質ケアは本当に必要なときだけ行います。週1回以上のペースで行うと逆に肌を傷めてしまうので注意が必要です。

手の乾燥対策と正しいスキンケア方法

常に水仕事などで使う手は、非常に酷使されている部分でもあります。特に水仕事が多い主婦は、冬の手荒れや乾燥に悩まされることになります。

まず水仕事はぬるま湯で行ってください。冷たい水で行うと手の血行が悪くなり、熱いお湯で行うと皮脂などが流されてしまうため、肌のバリア機能が低下してどんどん乾燥も進んでしまいます。

洗剤や手洗い石鹸は肌に優しいものを選んでください。特にすでに手荒れや手の乾燥が始まっている場合は洗剤を薄めて使うなど刺激を減らす工夫を行います。

外出時など手が冷えるときは手袋を着用するなど、手の保温を行い血行を悪くさせないように注意が必要です。作業の合間合間にこまめにハンドクリームなどで保湿ケアを行います。

ひび割れなどが起きている場合は、水分と油分を補給するだけではケアが足りないことがあります。ビタミンEなどの血行をよくする成分が入っているものを併用することでより肌をみずみずしく保つことができます。

手荒れや手の乾燥の対策としてワセリンを使用する人も多いです。しかし、ワセリンは脂分で水分の蒸発を防ぐ働きはありますが、水分を補う働きはないので、保湿ケアと並行しながら行うのが理想的です。

就寝前や出かけるときなど長時間手を使わないときは、ハンドクリームなどを塗った後、綿の手袋で保護すればより一層効果が高まります。

スキンケア以外の乾燥肌対策

乾燥肌直接的な原因は、肌肌のバリア機能が衰えてしまい、水分が蒸発してしまうことにあります。そのため、どの部分の乾燥肌もしっかりと保湿ケアを行い、正しいスキンケア方法で保護する必要があります。

しかし、いくら保湿ケアを行っても乾燥肌がなかなか改善されないことがあります乾燥肌の原因は、ストレスや生活習慣、食生活の乱れ、環境などにもあるのです。

そこでまずは環境を整えましょう。乾燥肌の原因の一つに空気の乾燥があります。周囲の空気が乾燥することによって、肌から水分が蒸発してしまいます。

そこで、空気が乾燥しないように、加湿器をうまく利用したり、お湯を沸かす、洗濯物を干すなどして、部屋の湿度を高めます。部屋が潤うと肌も潤ってきます。ストレスも肌にはよくありません。

ストレスで自律神経のバランスやホルモンのバランスが乱れることによって、心身に様々な不調をもたらします。肌のターンオーバーが遅れたり、皮脂の分泌が低下することによって肌も乾燥してしまうのです。

そのため、ストレスをためないように上手なストレス解消法を見つけてください。ストレスがたまると睡眠不足に陥りがちです。

睡眠不足に陥ると肌の新陳代謝が低下し、血行も悪くなるため、肌のバリア機能が低下してしまいます。しっかり睡眠をとることによって肌の保湿効果も高まります。

jujuujufgfgf

乾燥肌の予防対策は健全な食生活から!!

しっかりスキンケアも行って、肌に優しい環境もしっかり整えたのに、乾燥肌がなかなか改善しない場合、最後には食生活も見直してみてください。

健康や肌に良くないといわれている、タバコやアルコール、脂っこいものや塩分、糖分などを取りすぎていませんか。乾燥肌対策として食生活を見直すとき、まず基本は健康的でバランスの良い食生活を送っているかどうかがカギになります。

そのうえで、新陳代謝を高める働きをするたんぱく質や様々な働きをして体や肌の状態を整えるビタミンやミネラル分、細胞膜を形成しているオメガ3K脂肪酸、肌や髪の毛の材料となる亜鉛などを積極的に摂取する必要があります。

ビタミンは中でも肌を健康に保つA、肌の代謝や皮脂の分泌にかかわるB群、血行をすく審査せ、抗酸化作用もあるE、抗酸化作用とコラーゲンの生成にかかわるCなどが必要となります。

オメガ3K脂肪酸はほとんど耳にしない栄養素ですが、細胞膜を構成している成分で、不足すると細胞の回復がうまくいきません。

そのため、肌だけじゃなく、からだ全体にも非常に大切な栄養素なので、積極的に摂取する必要があります。EPAやDHAなどが有名で、主に青海魚に多く含まれています。

肌だけじゃなく体全体の細胞にもかかわってくるため、積極的に青海魚を食べるようにしましょう。

▲ページトップに戻る